サーフリビング 創業者

Owner,Sheiper,Surfing Instructor

淡路 紀之

 

 

14歳からサーフィンを始め、17歳からインドネシア、オーストラリア、ハワイにて
サーフィン修行し、帰国後茅ヶ崎のサーフボードファクトリーで、フィン作りや
サーフボード製造の工程を学ぶ。その後YU・BREWER・HOKULEAでサーフボード制作の全工程の経験を積み、
2000年、自ブランド「ASD SURF BOARAD」を設立。
また自身が経営するサーフィンスクール「Surf Living」も2008年にオープンし、
初心者から上級者まで幅広い客層で賑わいを見せている。

​2017年4月 死去